オーガニック・無添加・食品のお店

【プロが解説】味噌作りは、いつに仕込めばいいのか?

いつ味噌を作りをすればいいのか??

結論としましては、1月から5月末までの間に仕込むのがおすすめです!!

それ以外の時期に味噌の仕込みはできないかと言うと、そうではありません。

【1月から2月の仕込む、寒仕込み!】

寒とは、小寒(1月5日頃)が寒の入り、春が始まる立春(2月4日頃)が寒の明けの約1カ月までの間を言います。

この寒仕込みで仕込んだお味噌は、冬の寒い時期を越して熟成期間も長いので色が濃く、お味噌の風味が強く、旨味が強くあるのが特徴です。

食べ始めは、10月~11月頃です。

しかし、それ以外の時期に味噌の仕込みはできないかと言うと、そうではありません。

【3~5月頃の仕込み!】

私は4月に味噌を仕込むのをイチオシしております 😊

寒仕込みより、熟成期間が短く 色がきれいであり、旨味もあるお味噌になります。

食べ始めは、10月~11月頃がおすすめです。

【6~8月頃の仕込み!】

この頃の仕込みは、外気温が30度ありますので 温度をかけて3ヶ月で味噌にする「温醸」みそと言われる状態と似たようになります。

色がよりきれいで、味噌の香りが少なく、すっきりとした味わいになるのが特徴です。

食べ始めは、12月~1月頃です。

【9月~12月頃の仕込み!】

味噌の発酵というのは、品温15度からゆっくりと進んでいきます。

30度が味噌の発酵に適している温度帯です。

この時期の仕込みは十分に発酵致しません。

食べごろは、来年の6~7月頃がおすすめです。

詳しいみそ仕込み時期の記事↓

https://marukawamiso.com/make-miso/20…

マルカワみそ お問い合わせ↓

https://marukawamiso.com/contact/toia…

#マルカワみそ

#味噌作り

#セミナー

河崎 紘徳

マルカワみそ

河崎紘徳(かわさきひろのり)1986年12月5日生まれ 高校卒業後、辻調理師専門学校入学、卒業生代表として答辞を行う。 大阪の日本料理店に就職し、日本料理を学ぶ。 2007年マルカワみそ入社。 2015年福井県最年少でみそ一級技能士合格。
味噌作りを通して、お客様の健康に貢献いたします。
愛読書 「7つの習慣」「人を動かす」「思考は現実化する」 良い本がございましたら、教えて頂けると嬉しいです。

月別

マルカワみそ オンラインショップはこちら