オーガニック・無添加・食品のお店

☆一年間シャワーを浴びないよりも、500gの肉を食べない方が水資源の節約になる☆

 

 

20150510 名古屋ビーガン祭り2

先日、昼礼が終わったあとの社長のありがたいお話がありました。

今回のテーマは「肉食と環境保護は両立しない」です。

1年間シャワーを浴びないよりも、500gの牛肉を食べない方が水資源の節約になると知ったときは

衝撃でした。

家畜に与える資料の生産、飲み水、家畜場、運搬車両、解体施設の清掃などに大量の水が使用されます。

 

500gの牛肉を得るのに、約8kgの穀物が必要とされます。

現在、約8億5千万人が飢餓状態にあります。

家畜に回される穀物を人間がそのまま消費すれば

世界中の人々にいきわたるだけの食糧が地球は生産できるのです。

 

 

これからは牛肉を食べるのではなく、大豆ミートを食べる時代になると思った。

この記事に関連するかもしれない記事

河崎 紘徳

マルカワみそ

河崎紘徳(かわさきひろのり)1986年12月5日生まれ 高校卒業後、辻調理師専門学校入学、卒業生代表として答辞を行う。 大阪の日本料理店に就職し、日本料理を学ぶ。 2007年マルカワみそ入社。 2015年福井県最年少でみそ一級技能士合格。
味噌作りを通して、お客様の健康に貢献いたします。 タバコ今まで吸った事ありません。
「健康のためなら、死んでもいい」っと思っております笑

月別

マルカワみそ オンラインショップはこちら