オーガニック・無添加・食品のお店

会話術 バックトラッキング

手作り味噌教室の講師として、人前でお話しさせて頂いております。

最近の事ですが、もっとより良い手作り味噌教室を行えるように、会話術、心理学を少し勉強しております。

バックトラッキングとは、日本語で「オウム返し」と呼ばれる。

相手の言ったことを返すことを指します。

バックトラッキングの目的は、相手の話をちゃんと聞いていることを示すことと、相手に自分が発した言葉を再認識してもらうことにあります。

とある会話術のDVDの講師の方も同じ事をおっしゃっておりました。

「人というのは、コップ一杯になった水みたいなもの」

相手と会話する時に、自分の話をしてもコップの水が一杯なので、

自分の話がなかなか入ってこないそうです。

相手の話を聞いて、相手のコップの水が減ったら、自分の話をすると

受け入れてくれるそうです。

男女15分の会話の中、質問が9回以上の方は好感度が高く、4回以下の人は好感度が低い。

アメリカの大学の実験の結果だそうです。

話し方のコツ、メモ

オウム返し₊5W,1Hを意識して話す。

いつ when 

どこで where 

誰と who 

何を what 

なぜ why 

どのように how

これで永遠に会話が続くそうです。

従業員さんで実践してみた

早速、従業員さんにこのオウム返し₊5W1Hのバックトラッキングをしてみました。

私「○○さん、趣味は何??」

従業員さん「そういう質問はセクハラですよ」

会話終了(‘ω’)

この会話術は、イケメンに限るかもしれませんね笑

この記事に関連するかもしれない記事

河崎 紘徳

マルカワみそ

河崎紘徳(かわさきひろのり)1986年12月5日生まれ 高校卒業後、辻調理師専門学校入学、卒業生代表として答辞を行う。 大阪の日本料理店に就職し、日本料理を学ぶ。 2007年マルカワみそ入社。 2015年福井県最年少でみそ一級技能士合格。
味噌作りを通して、お客様の健康に貢献いたします。
「健康のためなら、死んでもいい」っと思っております笑

月別

マルカワみそ オンラインショップはこちら