オーガニック・無添加・食品のお店

チーズはどこへ消えた?を読んだ感想

2020年の目標は、仕事面は会社に貢献していく。仕事を改善していきます(商品をへらしたり、包材を統一化など)

プライベート面では、本を読みます。

成功している人は、成功する理由がある。

成功している人は、本を読んでいる。

最近、読んだ本で「チーズはどこへ消えた?」を読みました

話しの流れ。

チーズステーションAのチーズ消えた→どうしよう→小人AはチーズステーションAで待機→小人Bはチーズを探す旅に出て迷路に入る。→迷路の先に新たなチーズステーションCがあった。それは前のチーズステーションAより良いところだった。

本を読んだ私なりの感想

・新しいチーズを手に入れるには今のチーズステーションから離れなければならない。

・人間は本質的に、現状維持をしたがるもの。

現状維持は安心する。

・新しいことをするには、リスクや恐怖がある。

・チーズは待っても来ない。

結論

このチーズはどこへ消えた?は、チーズだけでなく人生のあらゆる事に置き換える事が出来ます。

恋愛、仕事関係などなど。

例えばAさんという人と付き合っているとしよう。

Aさんとは別れたいと思っている。

しかし、次は他の人と付き合えないかもしれない。

Aさんより良い人はいないかもしれない。

っと現状維持を選ぶと新しい人とは出会えません。

Aさんと別れて、新たなチーズ(恋人)を探せば新しい出会いがあるはずです。

この記事に関連するかもしれない記事

河崎 紘徳

マルカワみそ

河崎紘徳(かわさきひろのり)1986年12月5日生まれ 高校卒業後、辻調理師専門学校入学、卒業生代表として答辞を行う。 大阪の日本料理店に就職し、日本料理を学ぶ。 2007年マルカワみそ入社。 2015年福井県最年少でみそ一級技能士合格。
味噌作りを通して、お客様の健康に貢献いたします。
愛読書 「7つの習慣」「人を動かす」「思考は現実化する」 良い本がございましたら、教えて頂けると嬉しいです。

月別

マルカワみそ オンラインショップはこちら