オーガニック・無添加・食品のお店

まんがでわかる 7つの習慣を読んだ感想

まんがでわかる 7つの習慣を久しぶりに読み直しました。

簡単に感想を書きたいと思います。

第1の習慣 主体的である

人にせいにするな。いろんな事は自分自身の選択の結果だと思いなさい。

言い訳するなって事ですね。

第2の習慣 終わりを思い描くことから始める

人はいつか死ぬ。俺も死ぬし、君も死ぬ。

っという事を5歳の息子に言ったら

「ママー、パパが死ね死ねって言ってるよーー」

っと妻にチクられました笑

第3の習慣 最優先事項を優先する

終わりから考えれば自分がした最優先事項が見つかる。

7つの習慣だが、1から順番に実行して行かないと効果はいまいちです。

第4の習慣 Win-Winを考える

自分だけ得すればいいというのではダメ。

信頼残高を増やす事。増やすためには、相手を理解、思いやりや礼儀を大切にする、約束を守る、誠実さを言動で示す、あやまちは心から謝るなど。

第5の習慣 理解に徹し、そして理解される

自分の主張や相手の批判より、相手を理解する事から始める事。

私はよく人の話を聞かないと親から言われております。

私の父からの名言

「口は1つで耳はなぜ2つ付いているか知っているか?

それは自分が1言ったら、人の話を2倍聞くためだ」

これからは、人の話をしっかり聞こう。

第6の習慣 シナジーを創り出す

最近、私が思った事。

人の意見は100%一緒にならない。

もし100%一緒になったのなら、どちらかが妥協している、

もしくはイエスマンになっていると思う。

例えば、私のクローン人間を作ったとしても

そのクローン人間と、私とでは考え方や意見が100%一緒にならないだろう。

人は自分と一緒ではない、意見が違って当たり前。

その意見が違う中で、いかにより良い案が出せるか話し合いすべき。

第7の習慣 刃を研ぐ

自分の肉体、精神、知性、社会・情緒を向上させる事。

この本を読んでよくある事が、1~6の習慣を飛ばして

この第7の習慣を先に実行してしまう事。

この本に巡り合えた事に感謝致します。

とても良い本だと思います。

これからも定期的に本を読んでいこうと思います。

今は「思考は現実化する」「人を動かす」という本を購入して読んでおります。

この記事に関連するかもしれない記事

河崎 紘徳

マルカワみそ

河崎紘徳(かわさきひろのり)1986年12月5日生まれ 高校卒業後、辻調理師専門学校入学、卒業生代表として答辞を行う。 大阪の日本料理店に就職し、日本料理を学ぶ。 2007年マルカワみそ入社。 2015年福井県最年少でみそ一級技能士合格。
味噌作りを通して、お客様の健康に貢献いたします。
愛読書 「7つの習慣」「人を動かす」「思考は現実化する」 良い本がございましたら、教えて頂けると嬉しいです。

月別

マルカワみそ オンラインショップはこちら