オーガニック・無添加・食品のお店

☆食品の裏側 安部司氏☆

Amazonからの引用です。

 

痛烈な内部告発書である。食品添加物の専門商社の敏腕セールスマンだった著者が、食品メーカーの“手口”を次々に暴露していく。

例えばミートボール。安くて、おいしいミートボールは子供の人気メニュー。温めるだけで食べられるのでお母さんも大助かりだ。

だが、製造現場を見てきた著者はこう描写する。「形はドロドロ。水っぽいし、味もなく、そのままではとても食べられるシロモノではありません」という牛のクズ肉を、安い廃鶏のミンチ肉と組織状大豆たんぱくで増量し、20~30種類の食品添加物を加える。ミートボールの正体は「もはや添加物のかたまりと言ってもいい」得体の知れない食べ物だった。

このミートボールの製造原価は1パック20~30円。添加物セールスマン時代の著者は、廃棄の運命にあるクズ肉に商品価値を与え、食品メーカーも大儲けでき、消費者も「安くておいしい」と喜んでくれる、と誇りを持って添加物を売ってきた。

しかしある日、著者の娘の誕生日に、件のミートボールがテーブルに並んだ。うれしそうにほおばる娘を見た時、著者は反射的に皿を取り上げ、中身を捨てた。「生涯の仕事」と思っていた添加物セールスが「死の商人と同じ穴のむじな」に思え会社を辞めた。

 

 

私はこの「食品の裏側」の本を専門学校時代の18歳の時に見ました。

この本を読み、ショックを受けました。

一体、食べ物って何なんだろう?お金儲けの道具なのか?

私はマルカワみそ株式会社に入社して、味噌製造に携わっておりますが

「自分の作った物が、好きな人、自分の子供や好きな芸能人、好きなプロ野球選手が食べてくれると思って

味噌作りや麹作りに励んでおります。」

自分の子供に食べさせたくない物は作らない。

今でもそう思っております。

 

この記事に関連するかもしれない記事

河崎 紘徳

マルカワみそ

河崎 紘一郎の弟です。現在は板長(工場長)として毎日、味噌作り、麹作りをしています。

新エントリ

月別

マルカワみそ オンラインショップはこちら