オーガニック・無添加・食品のお店

☆木桶で仕込んだ味噌というのが50年後~100年後で無くなってしまう☆

醤油・味噌・酢・味醂・酒の業界で、

木桶による醸造が多く残っているのが醤油と味噌の業界ですが、

醤油や味噌の生産量の1%未満というのが現状です。

現在、醸造用の木桶を製造できる桶屋さんは、大阪の堺市にある「藤井製桶所」1社のみとなりました。

現在使われている醸造用の木桶は、戦前に作られたものがほとんどです。

今から50~100年後にはほぼ全ての木桶が使えなくなっています。

そうなると、本物の木桶仕込みの醤油・味噌・酢・味醂・酒が消えて無くなります。

マルカワみそでは自社の木桶は自分たちの手に修理していく方針です。

そして、私 河崎紘徳は8月17日から11月15日まで3か月間、木桶職人として

「藤井製桶所」の所で修業してまいります。

一生懸命、勉強して3kgの木桶、6kg木桶、10kg木桶、20kgの木桶を

売り物に出来るレベルまでにして福井に帰ってきたいと思います。

この記事に関連するかもしれない記事

河崎 紘徳

マルカワみそ

河崎紘徳(かわさきひろのり)1986年12月5日生まれ 高校卒業後、辻調理師専門学校入学、卒業生代表として答辞を行う。 大阪の日本料理店に就職し、日本料理を学ぶ。 2007年マルカワみそ入社。 2015年福井県最年少でみそ一級技能士合格。
味噌作りを通して、お客様の健康に貢献いたします。
「健康のためなら、死んでもいい」っと思っております笑

月別

マルカワみそ オンラインショップはこちら