オーガニック・無添加・食品のお店

☆「ブラック会社に勤めているのだが、俺はもう限界かもしれない」を借りました☆

鯖江の図書館で

「ブラック会社に働いているのだが、俺はもう限界かもしれない」を借りました。

この話は中卒でニート10年していた主人公がブラック会社に入社するという実話です。

私も板前をしていて、朝7時から夜の11時まで(休憩2時間)仕事をしていた。

もちろん残業代は出ない。

だからこの主人公の気持ちが大変分かる。

横文字で読みやすく、大変コミカルに書かれているので

一日ですべて読んでしまった。

毎日の仕事で悩んでいない人はいないのではないでしょうか。

みんなそれぞれ悩みがあると思います。

この本を読んだら、私も頑張ろうという気持ちになりました。

この記事に関連するかもしれない記事

河崎 紘徳

マルカワみそ

河崎 紘一郎の弟です。現在は板長(工場長)として毎日、味噌作り、麹作りをしています。

新エントリ

月別

マルカワみそ オンラインショップはこちら