オーガニック・無添加・食品のお店

☆お客様に感動してもらうには...☆

今日は国産有機米の板麹の米を、浸漬しました。
明日は米を蒸して、種麹を種付けして製麹します。
明後日は板麹を専用のもろふたに盛り込みをしてます。
12月31日は自社製品の甘酒用の米を蒸して、種付け、製麹します。
1月1日は製麹で、1月2日は甘酒を仕込みます。そして、木桶の手入れもします。
1月3日は未来の米を精米し、浸漬します。
1月4日は米蒸し、種付け(MM菌)、製麹します。
1月5日は大豆の脱皮、浸漬です。
1月6日は大豆を蒸して、木桶に仕込みです。
1月7日は板麹用の米を蒸して、種付け、製麹です。
ざっとこんな感じで正月は過ごします。
社長曰く
「お客様に感動するような商品を作ろうと思ったら、手を抜いたらあかん。」
仕込みには
大豆の脱皮や
玄米の精米、
木桶の手入れ、
米の色彩選別
など手間のかかる仕事がたくさんあります。
社長のこの言葉を聞いた時、さすがマルカワみその社長やなぁ~
っと思いました。
この言葉を忘れず、手を抜かず、手を加えず商品作りにとりかかりたい

この記事に関連するかもしれない記事

河崎 紘徳

マルカワみそ

河崎 紘一郎の弟です。現在は板長(工場長)として毎日、味噌作り、麹作りをしています。

月別

マルカワみそ オンラインショップはこちら