オーガニック・無添加・食品のお店

☆紘徳河崎のすべらない話⑧ 専門学校のクラスの子 N君☆

人は誰でも、すべらない話を持っているものである
この話は僕が辻調理師専門学校の時の話です
僕のクラスでN君という同じ歳の男の子がいました
N君はいつも授業中居眠りをしていて、先生によく注意されます
専門学校は席は自由で、僕はいつも前の方の席に座っていました
そして、N君も前の方の席に座っています
前の席に座っていても、居眠りをしています
ある日、有名な割烹料理店のご主人が講師として、僕のクラスに来てくれました
最後に
「皆さん、良かったらうちの店に食べに来てください」
みたいな事を言って授業は終了しました
その授業が終わった後、僕はこのお店に行こうっとみんなに誘いました
N君も行くと行きたいっと言いました。
確か男6人くらいで、食べに行ったと思います
コース料理で、ご主人に聞きたい事があったので、カウンターで予約しました
そして、当日
みんな集まり、お店に行きました
N君は一番左側の端の席に座り、僕は真ん中の席に座りました
コース料理がスタートすると、この煮物の下処理とか、包丁はどこのがいいのかとかみんな色々質問しました
N君の話し声が聞こえないので、N君をちらっと見てみたら
なんと、普通に寝ていました
コース料理が来ると隣の人に「N君、料理来たよ」
っと起こされ、食べ終わるとまた寝ます
次のコース料理が来ると、体をツンツンされ
ぱっと起きて、食べて、ぱっと寝て
またぱっと起きて、食べて、またぱっと寝ます

ご主人も呆れ顔をしていました
生で見ると、本当に面白い光景ですよ
一体、彼は夜に何をしているんでしょうね

この記事に関連するかもしれない記事

河崎 紘徳

マルカワみそ

河崎 紘一郎の弟です。現在は板長(工場長)として毎日、味噌作り、麹作りをしています。

月別

マルカワみそ オンラインショップはこちら